平安工房

「キセキ眠る城/Collect my pulse」 江村あるめ/作

172,800円(税込)

作品サイズ/約67㎝

素材/石粉粘土 化繊 リボン 和紙貼り(ハートと胴体の内側)
テンペラ仕上げ

回文も手がける人形作家、江村あるめさんによる2011年の作品。
グループ展「奇跡眠る城」にて発表。
作品タイトルはこのグループ展に寄せた回文「いま淡い夜の色知る胸 貴石眠る城 祈る宵は甘い」からとったもの。
「キセキ」は「貴石」と「軌跡」、ふたつの意味をこめているとのこと。

頭部が大きく、対して胴体は小さめの、人形らしい身体性を持っています。
江村さんが思う「かわいらしい少女人形」のイメージ。

おなかの部分は開いており、中にたくさんのハートが詰まっています。
このハートは取り出すことも可能。
ハートと、ハートがおさまるおなかの内側のみ和紙(楮紙)貼りの仕上げ。

双眸はインタリオアイ(彫り目)。
虹彩部分をすり鉢状に凹ませる従来のインタリオアイに江村さん独自の工夫を加え仕上げています。

また足は踵部分に6本目の指をもつ独特のもの。
ハイヒールのようにも見えます。

この足を含め、全体的に細く繊細な作りになっています。
画像で見る印象よりも、実物はさらに細く感じられるのでは?と思います。

江村あるめ Emura Arume

2004年
 回文制作開始

2006年
 人形制作開始(2006~2011年 アール・リベ人形学院にて学ぶ)

2010年
 初個展「ゆめみるあわ」(ギャラリー花いろ)

2012年
 個展「箱庭の秩序」(ギャラリールデコ)

2013年
 「Elpis」(パラボリカ・ビス)
 「妖し展」(アートラッシュ)
 「古書ドリス東京移転一周年企画 創作人形展」(古書ドリス)

2014年
 「Eos」(パラボリカ・ビス)
 「龍宮城展」(アートラッシュ)
 「箱庭展」(アートラッシュ)
 「人形展Doris」(古書ドリス)

2015年
 「猫展」(アートラッシュ)
 「書架に棲むもの―江村あるめ小品展」(古書ドリス)
 「妖し展」(アートラッシュ)
 「箱庭展」(アートラッシュ)
 「人形展 Eden」(パラボリカ・ビス)
 「クリスマス展」(アートラッシュ)

2016年
 「ひなまつり展」(パラボリカ・ビス)
 「eclectic 夜想+平安工房人形展」(パラボリカ・ビス)
 「L'ondee展」(古書ドリス)
 「双子展」(パラボリカ・ビス)
 「人形展 縁 ENISHI」(パラボリカ・ビス/春秋山荘)
 「クリスマス展」(アートラッシュ)

2017年
 「猫9変化展」(アートラッシュ)
 「人形展 廻向(echo)」(パラボリカ・ビス/春秋山荘)
 「夜の空中庭園展」(アートラッシュ)
 「Little Creatures 100の物語に100の生き物展」(パラボリカ・ビス)
 「雨沢聖・槙宮サイ・江村あるめ創作人形三人展 sillage~シヤージュ」(ギャラリー子の星)

その他グループ展など参加多数

Copyright (C) 2003-2016 HeianKoubou. All rights reserved.