平安工房

「コランの銃と花A(団扇絵)」 麻生志保/作

7,000円(税込)

作品サイズ/直径約23.5cm 全長(柄含む)約37cm
中国団扇(シルク)にアクリル彩色

2018年7月。
パラボリカ・ビスにて開催された「うたかた 麻生志保×土谷寛枇 二人展」で発表された作品のひとつ。
「うたかた」展はボリス・ヴィアンの著作「うたかたの日々(日々の泡)」を軸に、日本画家の麻生志保さんと人形作家の土谷寛枇さんが作品発表を行った二人展。

団扇絵「コランの銃と花」はシルクが貼られた中国団扇に麻生志保さんが筆を入れた一点もの。
団扇として使うこともできるが、絵画作品として飾っても良い。

「うたかたの日々(日々の泡)」作中で、主人公のコランが人の身体より作った銃と、奇病に蝕まれた恋人クロエを延命させる為に飾った生花が意匠になっている。

麻生志保 shiho aso

2003年
武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業

初個展 ギャラリーフォレスト(銀座)

2017年
冬の金魚展(パラボリカ・ビス)
Young Art Taipei (台湾)
八本脚の軌跡 展(パラボリカ・ビス)
大正浪漫幻想短篇集 展 (パラボリカ・ビス)
人形展「廻向echo」(京都・山科 春秋山荘)


個展グループ展アートフェア多数

Copyright (C) 2017 HeianKoubou. All rights reserved.