平安工房

「死海金魚」 麻生志保×土谷寛枇/作

41,040円(税込)

作品サイズ/本体直径約10cm(ジョイントパーツ含む直径約14.5cm)
素材/石粉粘土・日本画顔料・アクリル

ボリス・ヴィアン「うたかたの日々」に着想を得て、
麻生志保の日本画と土谷寛枇の人形が邂逅する。
いまこの時だけの、それは泡沫。

2018年7月。
パラボリカ・ビスにて開催された「うたかた 麻生志保×土谷寛枇 二人展」の出展作のひとつ。
土谷寛枇さんが制作した人形パーツを用いたオブジェに、麻生志保さんが筆を入れることで完成した共作。
「死海金魚」は球体関節人形のアイコンでもある球体パーツを組み合わせたオブジェをベースにしている。
ざらりとした手ざわりは日本画の顔料によるもの。
絵画でありオブジェでもある。
どう置くかで見えてくる場面が変わり、作品は表情を変える。
連結しているパーツは各々が独立しており、多少なら動かすことができる。

麻生志保 shiho aso

2003年
武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業

初個展 ギャラリーフォレスト(銀座)

2017年
冬の金魚展(パラボリカ・ビス)
Young Art Taipei (台湾)
八本脚の軌跡 展(パラボリカ・ビス)
大正浪漫幻想短篇集 展 (パラボリカ・ビス)
人形展「廻向echo」(京都・山科 春秋山荘)


個展グループ展アートフェア多数

Copyright (C) 2017 HeianKoubou. All rights reserved.