平安工房

「熱の入り江」 麻生志保×土谷寛枇/作

41,040円(税込)

作品サイズ/本体全長約13.5cm 本体幅約9.8cm リボン部分約60cm
素材/石粉粘土・日本画顔料・アクリル・リボン等

2018年7月。
パラボリカ・ビスにて開催された「うたかた 麻生志保×土谷寛枇 二人展」で発表された作品のひとつ。
「うたかた」展はボリス・ヴィアンの著作「うたかたの日々(日々の泡)」を軸に、日本画家の麻生志保さんと人形作家の土谷寛枇さんが作品発表を行った二人展。
「熱の入り江」は土谷寛枇さんが制作した人形パーツを使ったオブジェに、麻生志保さんが筆を入れた共作。
土谷さんが手がける球体関節人形のアイコンでもある球体パーツに、女性器が作り込まれたパーツがジョイントされている。
性器からは数本のリボンが伸びている。
このリボンは少女性の象徴。
ざらりとした手ざわりは日本画の顔料に特有のもの。
絵画でありオブジェでもある本作は、どう置くかで見えてくる場面が変わる。
その様子が月のようでもあり、このタイトルがつけられた。

麻生志保 shiho aso

2003年
武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業

初個展 ギャラリーフォレスト(銀座)

2017年
冬の金魚展(パラボリカ・ビス)
Young Art Taipei (台湾)
八本脚の軌跡 展(パラボリカ・ビス)
大正浪漫幻想短篇集 展 (パラボリカ・ビス)
人形展「廻向echo」(京都・山科 春秋山荘)


個展グループ展アートフェア多数

Copyright (C) 2017 HeianKoubou. All rights reserved.